教育について

今も昔の教育の重要さというものは変わってきておらず、教育に対して人々は真剣に取り組んでいます。それは学校の教師をはじめとする教育に関わる人達は当然であり、親や地域の人々を含めていえることとなっています。重要さは変わらないものの、教育の仕方や、内容は時代に合わせて刻々と変化をしていっています。時代の変化と共に、必要とされる要素も変わってくることは当然であり、方法や内容が変わってくるのも当然だと思います。しかし同時に何を目的として教育を行っているのかということを考えること自体に変化があってはいけないと感じます。教育機関としての役目や、教育者としての自覚が大きく影響をしてきます。教育は親や、教師だけで行っていくものではなく、地域で行っていくという意見も強くなってきています。当然親や、教師の役目も大切ですが、地域の役目も大切という考えも重要となっていきます。教育が地域に開かれているものであると、自然と個人で抱えむ必要もなくなり、教育に関する負担を共有することができるようになっていきます。そうなることができれば、事前に相談することなどもでき、子どもだけではなく、大人や教師にとっても大いに助けになることだと感じます。塾やその他の教育機関がこのような地域の力としてより大きなものとなることができれば、より良い教育が可能になるのではと感じるときがあります。